スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ最近配信ができていない・・・

いやー、ここ最近リアルが忙しく、配信が出来ておりません。
しかし、今日やれるのならやろうかと思ってます。
又、このブログを他の事にも利用しようかと考えてます。
やりたい事択さん有りますね!ヽ(´ω`)ノ
スポンサーサイト

SDGO

この頃イベントがあるのでSDGOを復帰してるのですが、早くズダ来ないですかね。
それはそうと、ザクⅠ有るじゃないですか、あれの事を親しみを込めてらっきょ頭って呼んでるのですよ。
これ、私だけだと思うので記念に書いておきます(キリッ

mabinogiのトーナメントの戦略について。

どうも、hiroshibuです。
今日は「トーナメント」について話したいと思います。

この「トーナメント」ジャンケンの様に
AWDSのキーをお互い出し合い勝負をするミニゲームの様なものです。

基本はW→D、D→S、S→A、A→Wの時計回りで勝つ関係に
A→Dと言う+αの関係を足したゲームです。

この基本がもっとも強く、基本はコレを考えてから作戦を練ります。
(この対応キーはFPSでの上下左右なので分かりやすいですね。)
この他に、前回出したキーは次回で使えないと言うルールがある為、2回連続で同じキーは出せません。

関係図
attack

また、コレ以外にも種族特性と言うものが有り、
種族別の必殺技のような物が存在します。

コレを利用するともっと有利に運ぶ事が出来ますが、
基本はAWDSの関係ですので、幾ら種族特性が発動しても
基本で負けていた場合押し負けます。

では種族ごとの特性を書いておきます。

======人間種族======
Aの後にWを押して種族特性発動。

======エルフ種族======
相手と同じキーを出した後Aキーで種族特性発動。

======ジャイアント種族======
Wの後にSキーで種族特性発動。

この三つになります。


さて、この種族特性には一つ問題が有ります。

それは、エルフの種族特性は限定されていると言う事。
ルールでは前回出したキーは次回で利用できません。
その為、種族特性を発動したい場合Aで相手と重なると発動が出来ません。(次回同じキーを使えない為)
この場合WDSの三つのキーで相手と同じになる必要があります。

コレを踏まえた上で戦略を書いていきます。


======全種族共通の戦略======

1:Sで相手と同じ攻撃になった場合、
Aまで一緒に道連れになる事。

Sで相手と重なった場合、次回Sは使えません。
その場合AWDの三つのキーになりますが、
AはWにもDにも勝てる為強制的にA以外出せなくなります。

Sで相手と重なった場合の次の手
attack2

又、Dで重なった場合も
D→S→Aと道連れになる可能性が高いです。
Dの後にWを出しても良いですがSの方がダメージが大きい為、
流れを変えたいとき以外はお勧めしません。


2:相手の種族が分かっている場合
種族特性の最後のキーはあまり使わない事。

相手が人間ならWキーで発動する為、
Aキーを出来るだけ使わない。

相手がエルフならAキーで発動する為、
Sキーを出来るだけ使わない。

相手がジャイアントならSキーで発動する為、
Dキーを出来るだけ使わない。

コレにより、種族特性潰しを狙えます。
しかし、相手があえて種族特性を狙わない事もありますので、
状況を見て判断して下さい。

======人間VSエルフの場合======
人間とエルフが戦う場合、Sでエルフと重なると、
次のターンで必ず種族特性を発動させられます。
しかし、その次のターンで人間の種族特性を発動出来るので、
五分に持ち込む事が出来ます。

人間とエルフの種族特性。
attack4

しかし、種族特性をあえて狙わず、
裏をかく事も出来ますから相手の傾向を見て狙いましょう。


======人間VSジャイアントの場合======
人間とジャイアントが戦う場合、
ジャイアントにWで負けると次のターンも押し負けます。

つまり人間がDキー、ジャイアントがWキーを押してジャイアントに負けた場合、ジャイアントの種族特性潰しであるDが出せない為、
次のターンで大ダメージを食らう事になります。

左が前回の手、右が次の手。
attack5

ジャイアントに博打のDを使ってWキーで負けた場合
酷い事になる為、ジャイアント相手にDキーはお勧めしません。


======エルフVSジャイアントの場合======
特にありません。
強いて言うならエルフの方が若干有利です。
(種族特性が発動しやすい為)

エルフはSかDで相手と同じになる様に
狙って行けば良いと思います。

ジャイアントは種族特性に囚われず、
基本の関係図に沿ってプレイする事が近道です。
又、エルフ相手のジャイアントはSは出来るだけ使わない様にしましょう。
他のキーで被った場合Sキーで種族特性潰しが出来ます。


======同種族同士の場合======
コレも特に有りません。
むしろ完全に五分五分なので、
相手の裏を如何にかけるかが勝敗に繋がります。


と、ある程度戦略がある事が分かります。
又エルフと人間だけの技として、
相手の種族に変装するという技も有ります。

人間はエルフに、エルフは人間に変装する事で相手を撹乱する事が出来ます。
その際、エルフ専用装備や人間専用装備をしない事。
又、装備欄を相手に見られない様、設定で装備公開のチェックを外しておきましょう。

トーナメントの戦略については以上です。

後は大会で勝ち進むだけです。(`・ω・´)
是非面白いのでトーナメントをやって見て下さい。

mabinogiのスキルについて(生産者編その2

どうも、hiroshibuです。
今回は錬金術の「金属変換」(以後変換と言う)について書こうと思います。
実を言うと、随分前に書こうと思っていたネタです・・・

では早速本題に。
錬金術である変換ですが、前回の日記にある様にほぼ鍛冶グループに所属します。
鍛冶グループである、製錬と鍛冶に非常に相性が良いからです。
と言うか、それしか使い道がありません・・・(´・ω・`)

さて、この変換を使う際にミニゲームがあります。
このミニゲームは生産確率に影響が有る訳では無く、
副産物を手に入れるかどうかを判断する為のミニゲームです。

つまり、変換する直前に書かれている%で成功率が決まっているので、ミニゲームを失敗しても変換する事が出来ます。

しかし、変換のスキルアップを目指す場合ミニゲームを成功させなくては上がらない為、
苦手な方はかなり辛い仕様となっています。

では、そのミニゲームを成功させやすくする為のコツを説明したいと思います。
ミニゲームで重要なのは、スキルランクで早くなる針と、成功範囲(以下範囲と言う)の狭さです。
コレはタイミングなので、成功範囲の上に来る前に止める必要があります。
ココは説明しないでおきますね。

もう一つ重要なのが、範囲を覚えなくてはいけないと言う事です。
しかし、毎回範囲を覚える事が難しい人も居るかと思います。

ですが、あのミニゲームはある程度ずれが有るものの、型が決まっているのです。
大体5タイプ(例外はありますが。)になります。
書き漏れが有ったら申し訳無いです・・・

又、この説明は私的に決めた物ですので参考程度にお考え下さい。


=====台形方=====
これは範囲の一部が狭く、反対側が広い場合に呼んでいます。
台形方
このタイプは左上、左下と右上、右下の4タイプあります。
上記の図は左下のタイプになります。


=====三叉槍(トライデント)方=====
コレは範囲の一部が独立している時に呼んでいます。
三叉槍(トライデント)方
このタイプも上下左右に4タイプです。
上記の図は右側になります。


=====イコール(=)方=====
コレは範囲の両端が極端に狭くなっている時に呼んでいます。
イコール(=)方
このタイプは右上、左上の2タイプになります。(逆になっていても分からないし・・・)
上記の図は右上になります。


=====十字型=====
コレは範囲が有る程度間隔がある時に呼んでいます。
十字型
このタイプは右よりと中央、左よりの3タイプになります。(多少ずれるので・・・)
上記の図は中央になります。(こんなの滅多に無いです・・・)


=====K(ケー)方=====
コレは台形に近い形ですが、上底の部分が有る程度空いている時に呼んでいます。
K(ケー)方
このタイプは左上、左下と右上、右下の4タイプあります。
上記の図は左下になります。

一例として台形右下、イコール左上、台形右上を上げておきます。

=====台形右下=====
台形右下


=====イコール左上=====
イコール左上


=====台形右上=====
台形右上


この様にある程度型がある様に見えてくれば、さっとミニゲームを見るだけである程度止める事も出来てきます。
参考になれば幸いです。
又、書き漏れが有りましたら追加します。

mabinogiのスキルについて(生産者編

どうも、hiroshibuです。
今日はキャラクター育成について話したいと思います。
本日は長文になりますので、分かってる方は読み飛ばして下さい。

私のキャラの方針は生産者な訳ですが、私の育て方で宜しければ参考になると思います。

mabinogiの生産スキルには関連性があり、ただバラバラに覚えて行っても上げ難いばかりが、APを大量に消費してしまい効率良く育てるより長い期間を要してしまいます。

今回はその関連性について紹介したいと思います。
また、今回は生活スキルと錬金スキルを混ぜて紹介したいと思います。

まずスキルには連携すると便利なスキルと単体で使用するスキルの二つがあります。
先に連携するスキルの紹介をします。


===鍛冶グループ===

自分で鉱石を収集し、インゴットを作り出した後鍛冶に利用すると言うものです。
覚えるスキルは「鉱物採取(以後シャカシャカと略します。)」「製錬」「鍛冶」「金属変換(以後変換と略します。)」です。
コレは鉱物採取で鉱石を入手し、精錬でインゴを作成、さらにシャカシャカで入手した謎の鉱石の欠片をアイアンインゴットにし、鍛冶に使用すると言う物です。
順番としては
シャカシャカ→変換→製錬→鍛冶の順です。
変換と製錬に関しては同時進行で上げて行っても良いと思います。
変換が上がると謎鉱石からインゴットにするのに効率的ですが、折角の鉱石を精錬でインゴットに出来なければ損ですからね。

又、応用として分解を入れると言うのもあります。
分解そのものは特に必要ではありませんが、今後他のグループも覚えていく際に非常に重要になるスキルです。
しかし、分解スキルを上げる為に各種インゴットを消費する必要性が有るだけでなく、鍛冶グループには特に利用しない為覚えるかどうかは慎重になる必要性があります。

分解については後々書きたいと思います。
さて、鍛冶グループで効率的に上げていくには「何をやりたいか」が重要になってきますが、今回は鍛冶グループ全部を覚えると言う仮定で話を進めていきます。

さて、最初に上げるべきスキルはシャカシャカと製錬と変換です。
特に重要なスキルはシャカシャカと変換ですね。
シャカシャカはランクを上げると取れる鉱石が増える為効率的に成ります。
又、変換はシャカシャカの失敗で手に入れた、謎の鉱石の欠片を効率的に鉄インゴに変換出来る為、ランク1になるまでどんどん上げていきます。
ただし、シャカシャカはランク5で止めておく事をお勧めします。
シャカシャカはランク5になると最大3つまで同時に鉱石を手に入れる事が出来ますが、ランク5以降は鉱物採取成功率が上がるのみでランク1にする必要性が無い為です。
その為、APに余裕が出てきたらシャカシャカのランクを上げる感じで良いと思います。

さて、スキルを上げる優先順位としては
シャカシャカ(ただしR5まで)>変換>製錬>鍛冶です。


===裁縫グループ===

自分で糸を紡いで生地を作り、服を作ると言うものです。
覚えるスキルは「紡織」と「裁縫」です。

スキルの優先順位は
紡織>裁縫です。

ですが、紡織の生地作成はランダムな為、何処まで必要かどうかは革紐の作成成功率や丈夫な紐、丈夫な糸が必要かどうかによってランクアップを止める事も出来ます。
しかし、私は紡織はランク5以上まで上げる事をお勧めします。
紡織ランク5になると丈夫な紐を作成できる為、高額で売られている物を購入しなくて済む事と、それを利用してハンディクラフトに使用する事が出来る為です。
裁縫に関しては自分が作りたい服のスキルランクまで上げる事を勧めます。
又、裁縫はAランクぐらいまではダンバートンのシモンがやっているアルバイトにて上げる事が出来ます。


===ポーショングループ===

自分でハーブを入手し、ポーションを作成すると言うものです。
覚えるスキルは「薬草学」と「ポーション調合」の2つです。

スキルの優先順位は
薬草学>ポーション調合です。

ですが、薬草学よりポーション調合の方が非常に上がり難く、自然に薬草学の方が上がって行ってしまいます。
コレは鍛冶グループの製錬>鍛冶と同じで、製錬で生産する総インゴット数より鍛冶が消費するインゴットの方が多い為です。

しかし、このグループは生産としてはあまり重要では無いかもしれません・・・
ただ、マナポーション100等を知り合いにプレゼントすると喜ばれるかも知れませんねw

===音楽グループ===
このグループもポーショングループと同じで地味なグループです。
覚えるスキルは「音楽知識」と「作曲」と「楽器演奏」の3つです。
又、特殊なスキルとしてアクションの「合奏」があります。
しかし、実の所このグループはまだ覚えていません・・・
APに余裕があればスキルを上げて行きたいと思います。
また、この音楽グループでは特殊な「魔法音楽」と言うのがあります。
コレは演奏する事によりマナの回復や最大HP増加など戦闘時やハーブ豚のハーブ抜き等に利用するのは良いと思います。


===ハイブリッドタイプ===

このスキルは単体でも使用出来るが、他のスキルとの連携をする事によりランクを上げるのが容易になる物を書きたいと思います。
コレに当てはまるのはハンディクラフトですね。

このスキルは途中までは自分でランクを上げる事が出来ますが、途中から鉄の棒や丈夫な紐を使い木の板を作らないといけない事になります。
勿論露店等で購入するのも可能ですが、自分で作成出来るに越した事はありません。

必要な鉄の棒は鍛冶ランク9から(実際はランクBからでも作成出来ますが、作成確率が低いです。)で、丈夫な紐は筏で入手するか、紡織ランク5から作成可能です。
あぁ、実装予定は未定ですがハウジングで使う道具もハウジングで作成出来ます。

とりあえず、今日はこの辺で。
何か分からない事が有りましたら、分かる範囲で教えたいと思います。
プロフィール

hiroshibu2

Author:hiroshibu2
ネットゲーム「mabinogi」
のマリーサーバで活動している
hiroshibuです。

オープンβから活動していますが、
生産者な為ヘタレです。

kukuliveで配信をしていました。
現在はLivetubeにて配信をしております。
基本21時~翌日の2時まで
配信しております。

twitter
mabinogi skill
hiroshibuのお勧め品
広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
ハイジ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。